ありのままの私が最高!になれる女性のための情報サイト

すっぴん

ダイエット フィットネス ヨガ

ライザップのヨガLIPTY(リプティ)のダイエット効果は絶大?口コミを徹底検証

更新日:

衝撃的なダイエットのビフォーアフターで有名なRIZAP(ライザップ)

そのRIZAP(ライザップ)からホットヨガ専用のスタジオがオープンしたそう!

でも…

RIZAP(ライザップ)といえば食事制限とゴリゴリの筋トレのイメージが強いのですが、RIZAP(ライザップ)でヨガとは一体どういうことなんでしょう?

そこで今回、ホットヨガと常温ヨガの2つのヨガスタジオと、さらに同じ系列のRIZAP(ライザップ)の暗闇ジム「VIVANA」で筋トレをしているフィットネスマニアの私が

  • ヨガなのに本当にダイエットできるの?
  • 普通のヨガと何が違うの?
  • 気になる料金は?
  • リプティの評判は?

と、

実際にヨギーニで、そして同じ系列の「VIVANA」に通う私が、あらゆる角度からLIPTY(リプティ)のリアルに迫ります。

LIPTY(リプティ)が気になる方でしたら、是非、参考にしてみてくださいね!

 

 

ライザップのホットヨガLIPTY(リプティ)の5つの特徴

 

①ダイエットに特化したヨガができる

LIPTY(リプティ)のヨガと、通常のヨガの一番の違いは「引き締め」

簡単に言ってしまうと、

ヨガは本来「精神を整えるもの」ですが、LIPTY(リプティ)のヨガは「ダイエットや引き締め」を目的に行います。

そのため、ヨガにRIZAP(ライザップ)の筋トレをアレンジさせた「ダイエットヨガ」が行えるのが一番の特徴です。

実は、ヨガは、ストレス解消、むくみ解消、体幹を整えるなど、精神面だけでなく美容面でも嬉しい効果がたっくさんありますがダイエットという面では、ヨガだけではなかなか厳しいのが現実、、

ヨガの消費カロリーは

30代、体重55kgの女性が1時間、ヨガをしたとすると
55(体重)x0.0686(kcal)x60(分)x0.87(補正係数)=197kcal

※摂取カロリー・消費カロリー大辞典より参照

1時間ヨガを行って、コンビニのおにぎり1個分のカロリーを消費できるかどうかという厳しい現実があります。

 

しかし、LIPTY(リプティ)のホットヨガは、器具を使わず行う自重トレーニングをヨガに組み合わせたことで

「ライザップ未満、ホットヨガ以上」の効果を期待できるようになったそう。

 

ホットスタジオの中で、ヨガポーズと筋トレを行うことで、滝のような汗をかくことができよりデトックスもすすみますね。

 

 

②RIZAP(ライザップ)の食事カウンセリングを無料で受けることができる

実は、他のヨガスタジオにない一番の特徴は「カウンセリング」

LIPTY(リプティ)のホットヨガは「ダイエット」「引き締め」に特化していて、RIZAP(ライザップ)で行われているような「カウンセリング」を月に一度無料で受けることができます。

 

自分の食生活のパターンを、プロにカウンセリングしてもらうことができます。

「ダイエットは食事が9割」ともいいます。

本家のRIZAP(ライザップ)に通おうとしたら最低でも、

入会金50,000、2ヶ月で298,000円~かかります。

 

同じRIZAP(ライザップ)のカウンセリングの内容が月会費(15,555円)の中に無料で含まれているとは、本当にお得ですよね。

 

③スタジオに鏡がないので集中できる

ヨガスタジオには大抵大きな鏡が壁に設置されています。

私も通っていた大手のホットヨガスタジオ「LAVA」にももちろん壁一面の鏡が設置されていました。

 

鏡がついていると、自分のポーズや、スタイルに自信がないとそればかりが気になってしまいますよね。

鏡があるから、あまり目立ちたくなくて、ついついいつも後ろのほうの場所ばかり選んでしまったり、せっかくのヨガの時間にも関わらず集中できないことが多々ありました。

しかし、LIPTY(リプティ)のホットヨガにはより自分の体に集中させるために「鏡」はありません。

トレーニングで大切なのは、美しいポーズよりも「どこを意識して動かしているか」が重要になります。
そのため、鏡をとっぱらい自分に集中できる空間作りをしたそう。

さすが、RIZAP(ライザップ)がプロデュースしただけありますね。

スタイルに自信のない私は、ホットヨガの露出が高いウエアで目立つのが嫌で、ついついいつも後ろのほうの場所ばかり選んでしまっていましたが、これなら堂々とヨガを楽しめます♪

 

④少人数制でストレス無し

通ったものにしかわからないホットヨガスタジオでのストレス第1位!

「狭いスタジオにぎゅーぎゅーに詰め込まれる」ことがあると思います。

私が以前に通っていた大手のホットヨガスタジオ「LAVA」は多彩なプログラムやどこにでも店舗があるお手軽さで通いやすいかと思って入会してはみたものの…

スタジオにぎゅーぎゅーに詰め込まれるため、隣の人との距離が近すぎてヨガなのに大きく腕や足が伸ばせないというストレスがありました。

スタジオ内でも、ロッカールームでも大量の汗をかいた状態でのぎゅーぎゅー詰めは本当に辛くせっかくのヨガなのに、逆にストレスがたまり、LAVAは退会してしまいました。

その点、LIPTY(リプティ)の最大収容人数は25名!

スタジオには隣の人とぶつからないような距離で予めマットが敷いてあります。
25名ということで、かなり広めにスペースを使うことができ、ロッカールームもゆったりと使用できます。

静かな環境でゆったりとヨガに集中したい人にはとてもおススメですね!

本当にストレスになるので、ヨガスタジオを選ぶ時、この部分は是非ポイントとして覚えておいてくださいね。

 

⑤ライザップの食事ノートがもらえる!

入会した人には、本家のRIZAP(ライザップ)のメソッドがたっぷりつまったレコーディングノートがもらえます。

これ、普通に本屋さんで販売されているものと全く同じでした

欲しいな~と思っていたので、特典の中で一番嬉しかったかも♪

 

この食事ノートをつけて、カウンセリングしてもらうと一番効果的だそうです

では、実際に通う人のリアルな口コミをみてみましょう。

 

LIPTY(リプティ)に通う人の口コミ徹底まとめ!

 

LIPTY(リプティ)の悪い口コミ

筋トレ要素が強いので、リラックス系のヨガを求めていると少しキツく感じてしまうかも。

他のヨガスタジオは60分のところが多いので、45分なのであっという間に終わってしまう。

 

 

LIPTY(リプティ)の良い口コミ

私のような座り仕事で体がガチガチになっている人は試す価値があると思います。痩せるか痩せないかについては週に2回以上通っていれば痩せると思います。室内も女性だけの空間だし、ロハスをイメージしたアースカラーでまとまっているのも気分が落ち着きます。

すごく勧誘されるのだろうか?ととても心配でしたが、全くそんなことはなく、驚きました。値段的にも内容的にもかなり魅力だったので当日に入会してしまいました!

今までホットヨガが苦手でしたが、普通のホットヨガより温度は低めなので気分が悪くなったりすることがなくとても快適に通うことができています。
温度は低めなのですが、筋トレがミックスされた「ボディメイクヨガ」なのでレッスン開始スタートから15分くらいで滝のような汗をかくことができます。

LIPTY(リプティ)がおすすめな人・おすすめできない人

 

LIPTY(リプティ)がおすすめできない人

  • 器具を使ったゴリゴリの筋トレで鍛えたい人

 

LIPTY(リプティ)がおすすめな人

  • しなやかに引き締めたい人
  • ヨガでダイエットしたい人
  • ダイエットだけでなく、デトックスして体の中からキレイになりたい人
  • 今まで他のホットヨガスタジオで気分が悪くなったり、肌が乾燥したりした人
  • リラックスできる空間でストレス解消しながら、ダイエットしたい人
  • キレイなスタジオでヨガがしたい人

 

LIPTY(リプティ)の気になる料金は?

LIPTY(リプティ)と大手ヨガスタジオの料金を徹底比較しました!

ここでは私が実際に通ったことのある
大手のホットヨガスタジオ、「LAVA」「CALDO」の料金を比較してみました。

LIPTY(リプティ) LAVA CALDO
入会金 10,000円 10,000円 10,000円
マンスリー月会費 15,555円 15,093円 14,000円
月4回まで会員 10,000円 7,685円 7,980円
カウンセリング × ×
タオルレンタル ×
女性専用 ×
1日の利用回数限度 1回 2回 1回
キャンペーン時の契約期間縛り 4ヶ月 7ヶ月 6ヶ月

 

月会費のみで比較すると、一番安いのは「CALDO」になります。
LIPTYとLAVAは、ほぼ同じ料金になりますね。

しかし、カルドに関しては収容人数が40名以上の大人数を詰め込むので、時間によってはぎゅーぎゅーのクラスもあります。

さらに予約制ではなく当日に整理券をもらうシステムなので、予約がいっぱいの場合はせっかく行っても締め切られていることもあります。

 

一方のLIPTYは、LAVAの月会費とほぼ同じなのに食事カウンセリングが含まれます

LAVAも店舗によっては、かなりの人数を詰め込みます。
一方でLIPTYは収容人数も25名と少人数のためストレスなくレッスンを受けることができます。

ギュウギュウでも、とにかく安いほうがよい方なら「CALDO」でもよいかもしれませんが結局タオルが有料だったりします。

タオルを毎回持ち運ぶのは、結構苦痛ですよね(汗)

数百円~1500円程度の差がありますがLIPTYにはこの特典がついています。

  • 食事カウンセリング
  • タオル無料
  • 少人数制
  • 完全に女性専用

この3つのホットヨガに実際に通った私がおすすめするのであれば、断然LIPTY(リプティ)をおススメします。

 

LIPTY(リプティ)のお得なキャンペーン

オープニングということで、7月31日まで、LIPTY(リプティ)でキャンペーンを行っているようです。

通常価格 キャンペーン価格
入会金 10,000円 無料
初月月会費 15,555円 0円
2ヶ月目 15,555円 7,777円
2ヶ月間のトータル 41,110円 7,777円

※1日の入会として

無料でカウンセリングを行い、当日に入会すると入会金が免除されて月会費が0円と半額になるキャンペーンを行っています。

通常時に入会した場合と比較すると、なんとその差は

41,110円ー7,777円=33,333円

もお得になります。

 

キャンペーンで入会すると、入会してから4ヶ月の継続が必要になりますが

LAVAは7ヶ月の継続カルドは6ヶ月の継続義務が発生するので、継続期間に関してもLIPTY(リプティ)が一番良心的でした。

4ヶ月継続したとしても

1ヶ月目 0円
2ヶ月目 7,777円
3ヶ月目 15,555円
4ヶ月目 15,555円
4ヶ月トータル 38,887円

38,887円÷4ヶ月=9,721円

ライザップ監修のスタジオに

1ヶ月9,721円で通えちゃうってすごいお得ですよね♪

 

シークレットキャンペーンでさらにお得になる!?

実は、サイトにも載っていない通った人にしか案内されないキャンペーンがあります。

私が入会した時は、

月会費はそのままで、LIPTY(リプティ)と同じRIZAP(ライザップ)系列の暗闇ジム「VIVANA」の通うことができるキャンペーンを行っていました。

1箇所分の月会費で

  • VIVANA 15,555円
  • LIPTY  15,555円
    の両方に通うことができるキャンーペンなのです。

さらにこのキャンペーンがすごいところは、期間が終了したら通うジムを選ぶことができること!

例えば、LIPTY(リプティ)のヨガで入会したものの、「VIVANA」のファンクショナルトレーニングのほうが楽しい♪
って思ってしまったら、そのままVIVANAの会員に移籍できてしまいます。

逆もしかりで、VIVANAで入会した人が、LIPTY(リプティ)に通ってそのまま移籍することができます。

実際にカウンセリングを受けた人や、入会した人にしか案内されていなかったので、カウンセリングだけでも受けにいくと何かお得なご案内があるかもしれません。

入会した人や無料カウンセリングを受けた人にだけ告知されるようなので、一度カウンセリングだけでも受けてみるとさらにお得に入会するチャンスがあるかもしれませんよ。

※キャンペーンは期間限定

 

 

LIPTY(リプティ)とVIVANA(ヴィヴァーナ)はどう違うの?

同じRIZAP(ライザップ)から派生した二つのジムですが、何がどう違うのでしょうか?

トレーニング内容の違いを比較!

実際に両方に通う私が、LIPTY(リプティ)とVIVANA(ヴィヴァーナ)を比較しました。

LIPTY(リプティ) VIVANA(ヴィヴァーナ)
 トレーニング内容 ホットヨガ ファンクショナルトレーニング
 1レッスンの時間 45分 45分
1日の利用回数 1回まで 1回まで
タオル 無料 無料
その他 水素水 靴下着用

 

LIPTY(リプティ)は暖かい部屋で行うホットヨガになります。
しかし、一般のホットヨガの室温より少し温度は低めに設定されているので息苦しさを感じたり、肌が極度に乾燥してしまったりすることはありません。

しかし、一般のヨガと比較してトレーニング的な要素が強いポーズが多かったりしますので、滝のような汗をかくことができ、引き締めとデトックスの両方が叶います。

筋トレとヨガのポーズを組み合わせることで、負荷のかかった筋肉は一緒にストレッチされ、しなやかな筋肉をつけることができます。

一方のVIVANA(ヴィヴァーナ)は、ファンクショナルトレーニングといい器具を使わずに自分の体重の重みで行うトレーニングのことを指します。

こちらは、暗闇の中、大音量の音楽のリズムに合わせてトレーニングを行うことで苦しいトレーニングも楽しく乗り切ることが可能となります。
音楽が大好き!ノリノリな雰囲気が好きな人はVIVANA(ヴィヴァーナ)のほうがおススメかもしれません。

 

 

トレーナーの違いを比較!

LIPTY(リプティ)とVIVANA(ヴィヴァーナ)の両方に共通してトレーナーの接客対応はとても素晴らしいと思います。

ジムによっては、とても接客が事務的であったり、逆に横柄であったりすることも多々あるのですが、両方どちらも

  • すぐに名前を覚えてくれる
  • レッスン前に必ず声をかけてくれる
  • カウンセリングで1対1でしっかり話しを聞いてもらう時間がある

同じRIZAP(ライザップ)のジムとあって、本家に負けないクオリティの高いトレーナーばかりでいつも気分よく通うことができています。

結果にコミットするまでよりそってくれる、そんな感じです♪

 

施設の違いを比較!

LIPTY(リプティ)とVIVANA(ヴィヴァーナ)のスタジオを比較しました!

 

 LIPTY(リプティ)  VIVANA(ヴィヴァーナ)
 雰囲気  ロハスな雰囲気の癒しの空間  黒を基調としたセレブでゴージャスな雰囲気
 シャワールーム  9台  15台
 ロッカーの数  60  76
 アメニティー 化粧水
乳液
髪の毛を縛るゴム
ドライヤー
化粧水
乳液
髪の毛を縛るゴム
ドライヤー
 最大収容人数  25名  26名

 

収容人数はどちらもさほど変わりません。
同じRIZAP(ライザップ)の運営ということでアメニティーやタオルレンタルのサービスも同じです。

が、店内の雰囲気はガラッと変わり

LIPTY(リプティ)は木目調の茶と緑を基調としたアースカラーでまとめられたロハスな雰囲気。
明るいスタジオでリラックス効果抜群の中でヨガを行います。

一方のVIVANA(ヴィヴァーナ)は、黒と紫をメインカラーとしておしゃれでゴージャスな大人の雰囲気です。

こちらは暗闇系フィットネスのため、スタジオにはクラブのような照明になっています。
音楽によって、様々な照明が楽しめるのもポイントですね。

 

LIPTY(リプティ)とVIVANA(ヴィヴァーナ)どちらがおすすめ?

このように、2つのスタジオで雰囲気もレッスン内容も異なりますが、
どちらも無料でのカウンセリングが含まれていますし、「体を引き締める」というコンセプトは共通しています。

もちろん雰囲気で選ぶのもよいですが、やっぱり一番は求める効果ですよね?

そのため

よりキツイトレーニング要素を求めるならVIVANA(ヴィヴァーナ)
ダイエットだけでなく、大量の汗でデトックス効果を望むならLIPTY(リプティ)

がおすすめですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ダイエットもしたいけど、ヨガも捨てがたい!という方にはまさに理想ですね。
もし、ご興味があればVIVANA(ヴィヴァーナ)の体験談も是非、参考にしてみてくださいね。

 



おすすめ記事一覧

-ダイエット, フィットネス, ヨガ
-, , , , , , ,

Copyright© すっぴん , 2018 All Rights Reserved.