ありのままの私が最高!になれる女性のための情報サイト

すっぴん

アンチエイジング

アンミオイル(杏仁オイル)で首のイボがポロっ!?その効果と口コミを徹底検証

投稿日:

c0e50f3c5270a71a4e182764e15ddf5b_s

 

アンミオイル(杏仁オイル)って何?

アンミオイル(杏仁オイル)とは

あんずの種の中心部分から油分を抽出したもので、

古くから生薬として用いられてきました。
優れた皮膚軟化作用と、肌の新陳代謝を促進し肌の老化を防ぎます。

他にも湿疹の痒みを抑えたりと、肌の悩みに万能なオイルです。

 

 

首にできる「イボ」の4つの種類

気がついたら、首にできていたポツポツのイボ。

原因は、皮膚の老化や体質などでできる良性の腫瘍です。

20代でも、発症することもありますが、多くは
30代を過ぎた中高年から肥満者などに多く見られます

加齢によって肌細胞のターンオーバーのサイクルが乱れ
古い角質がどんどん溜まっていき、ネックレスや衣服が擦れることで
古い角質がイボになってしまいます。

 

アクロコルドン

%e3%82%a2%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%b3%e3%83%ab%e3%83%89%e3%83%b3

出展:http://www.mg-clinic.com/

 

早い人では20代からでも発症しますが、

多くは中年以降に増えます。
摩擦や紫外線による皮膚老化が原因とされています。
首だけではなく、皮膚が柔らかい場所に発生することが多く

「首イボ」と呼ばれるのは多くは「アクロコルドン」によるものです。

加齢とともに数が増えていきます。

 

 

スキンタック

 

アクロコルドンと原因は同じですが、アクロコルドンとの違いはその大きさです。
こちらも老人性イボと言われるもので、大きさは1mm〜3mm
30代以降の中高年に多く見られる症状で、

こちらも
主な原因は老化した肌に、衣類の摩擦や紫外線の刺激が原因となります。

色白で肌が柔らかい人、肥満体質の人などに多く見られます。

 

 

軟性繊維腫

1cmほどの比較的大きい腫瘍を「懸垂性繊維腫」といい
皮膚から飛び出た割と大きめのイボです。
首や脇の下、股などの擦れやすい部分に発症し
皮膚の老化や摩擦などの刺激が原因となります。

 

懸垂性繊維腫

軟性繊維腫がさらに大きくなったもので

大きさは2cmほどにもなり
さらに皮膚からぶら垂れ下がったようなものになります。

こちらも年齢や、体質、肥満が原因となります。

 

 

 

アンミオイル(杏仁オイル)が首のイボに効果がある成分

9858e5dcef4b0f72b4aaa3bcafa3546b_s

 

加齢や刺激で固くなり角質が硬化してできる「イボ」
このイボを取り除くには、

まず、

 

第一に「皮膚を柔らかくすること!」が必要です。

 

 

アンミオイルの5つの脂肪酸がイボの原因となる

肌の硬化と老化を防いで肌を柔らかくします。
肌の老化の原因の一つである新陳代謝の低下。
アンミオイル(杏仁オイル)は、新陳代謝を高める作用があります。

新陳代謝がアップすると力も高まるので、

紫外線からの刺激をシャットアウトし
イボができるのを防ぎます。

 

 

パルミトレイン酸

皮膚の老化を防止して、肌を柔らかくする。

硬くなった皮膚(イボ)を柔らかくすることで
ポツポツが滑らかになります。

 

オレイン酸

もともとの肌と似た成分で、カサカサやピリピリする肌、

血管系と共に皮膚を守ります。

 

 

リノール酸

角質細胞間脂質の「セラミド」を構成する成分です。

皮膚の乾燥を防ぎ、「イボ」の原因の角質硬化を防止します。

 

ステアリン酸

非常に抗酸化作用が高い飽和脂肪酸で、

高い保湿効果があります。
抗菌作用もあり、肌を細菌から守ります

 

パルミチン酸

 

皮膚のターンオーバーを正常に保ち皮膚の
アンチエイジング効果があります。
肌を若々しく保つことができるので、「イボ」ができるのを防ぎます

 

 

アンミオイル(杏仁オイル)の口コミ

ssumafo

初めは半信半疑でした。こんなオイルでイボが取れるんだろうかと。

説明書には朝晩使用と書いてありましたが、私は日中オイルをつけるのに抵抗があったので、夜だけ使用しました。
使用し始めてから3日くらい経った時、首にいくつか出来ていたイボの小さいものの一つが少し黒くなってきて、爪で引っ掻くとポロッと取れました。少し出血しましたが、跡はきれいになりました。

以前お試しを購入、使用したところ、ほんの数日間で数ヶ月前から顔にあった小さなイボが取れ、大変驚きました。
ひと瓶買うのはお高いし、躊躇したんですが、残りのイボも取りたくて思い切って購入

顔・首(デコルテ)に朝晩使用して1週間くらい経ちましたが、顔の小さいポツが
少し小さくなった気がします。
ポロッと取れる気配はありませんが小さくなって無くなってくれれば嬉しいです。

使用し始めて、10日程で首のイボの1つがポロリと取れました!!
根気強く使用して、他の首のイボが取れるといいです。

サラッとしてて、使いやすいですが、イボを取るには結構な忍耐力がいりそうです。
なかなか何分もマッサージが出来ず、私の小さいイボは取れそうにありませんが、
地道に頑張れば良いのでしょうが、果たして続くか・・・。
なんか、そのまま御蔵入りになりそう~。
お肌は、しっとりするんですけどね。

 

効果が現れる時間にはもともとのイボの大きさや硬さによって個人差があるようですね。

 

 

アンミオイルがを安く買えるところは!?

bihada

 

アンミオイルは
楽天・amazon・公式サイトで取り扱いがあります。

それぞれの価格を比較

トライアル 単品 定期 返金保証
楽天 なし 7180円 6800円 ×
amazon なし  7560円 定期なし ×
公式サイト 980円 7182円  6804円

 

まずは、

 

トライアルセットは公式サイトでしか買えません。

そして、公式サイトから購入したものであれば返金保証がつきます。

 

単品はどのサイトでもあまり金額の差はないようです。

 

定期に関しては、amazonでは取り扱いがないため、

楽天か公式サイトから購入する形となりますが

 

いきなり購入して肌に合わなくても返金保証がついていないので

単品や定期をいきなり購入するよりも

まずはトライアルセットをお試ししてから

購入するのがおススメです。

 

 

他の杏仁オイルとどこが違うの?!

img_5455

黄金の配合率

杏仁オイルの配合率は高ければ高いほどいいというものでは
なく、逆に刺激が強すぎます。

「アンミオイル」は一番「イボ」に効果のある70%という黄金の配合率で
さらっとした使い心地で、お肌にすっとなじみます。

 

常温生絞り

市販で売られている杏仁オイルは高温処理をしているので
「パルミトレイン酸」が含まれていません。

アンミオイルは常温生絞り製法なので、
皮膚の油やけの心配もなく、杏仁がもつビタミンやミネラルなど
貴重な成分がそのまま生きています。

 

 

 

アンミオイル(杏仁オイル)の効果的な使い方とポイント

 

img_1970

 

洗顔後、アンミオイルを顔~首全体伸ばす使いかたがおすすめ。

アンミオイルの成分が、古い角質を軟化させてはがれやすくさせ

さらにオイルに含まれる保湿成分が肌にしっかりと浸透します。

 

首や顔にできたポツポツ解消

①洗顔→しっかり、メイクや肌の汚れをオフします

②洗顔後、7~10敵を顔~首筋までのばして
やさしくクルクルまわしてマッサージします。

その後、47度程度のお湯でタオルを温めて顔から首に優しくあてます。
この時、決してタオルで肌をこすらないようにします。

③化粧水をしっかり肌になじませます

④最後に再度、「アンミオイル」を1~2滴顔~首筋までのばします。

 

頭皮&ヘアケアー

 

ドライヤーで乾かしたあと数滴を髪になじませます。
ツヤツヤでさらさらの手触りに!

 

ボディケア

お風呂あがりの、まだ水分が肌に残っている状態で
数滴を肌になじませて、タオルで軽く残った水分を抑えるようにしてふき取ります。

 

化粧下地として

オイルなのにサラッとして、肌にすっとなじむアンミオイルは
化粧下地としても利用できます。
保湿効果が高いので、ファンデーションのノリがよくなります。

 

 

「アンミオイル」(杏仁オイル)首イボ以外の効果

img_7798

 

→目の周り、頬にできたポツポツ
→ざらざらして堅くなった肌
→くすみのある肌
→乾燥肌の保湿

 

アンミオイルを日常に取りいれることで

イボの除去だけではなく、肌が硬くなるのを防止し、潤いをキープできるので

なめらかなツヤ肌のためのスキンケアとしてもとってもおススメです。

 

こんな人はアンミオイル(杏仁オイル)を使用しても効果がない

 

naku

ウィルス性のイボ

→表面がカリフラワーのようにデコボコしたイボで
免疫の力で自然に治癒することもありますが、

あまり
長い間そのままにしておくことで、

 

体内で感染が広がることもありますので、早めに病院で治療するのがよいとされています。

 

 

イボではなくニキビ

逆にオイルを使用することで悪化させることがあるので、使用は控えましょう

 

 

軟性繊維腫・懸垂性繊維腫

→アンミオイルは、硬くなった角質(イボ)を柔らかくして
取り除く効果があるので、できてしまった軟性繊維種や、

懸垂性繊維種は病院に行って治療してもらうのが早いです。
一瞬で痛みもなくぱちんと切ってもらえます。

ただ、同じ部分の皮膚がどうしても再発しやすい傾向があるので、

アンミオイルは予防に使用しましょう。

 

 

「アンミオイル」まとめ

 

様々な原因と種類がありますが、

首や、頬にできるポツポツのイボは「老人性イボ」と呼ばれることも多く、

年齢とともに出来る「老化現象」の一つなんですね。

肌は年齢を一番表す部分でもあるので、

すでにできたポツポツも、イボがない肌もポツポツが出来る前に予防として

毎日のケアにアンミオイル(杏仁)を取り入れて、

すべすべの肌にを目指しましょう。

おすすめ記事一覧

-アンチエイジング
-, , ,

Copyright© すっぴん , 2018 All Rights Reserved.